kozzie corner

COLORS jiyugaoka 今元 幸司 ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ブラックオーシャン
070808_1358~01.JPG
ずっと、ず〜っと欲しかった物があった。
それは『地球儀』
地球儀自体はガキの頃から欲しかった。
大人になった今でも欲しかった。
男の書斎の片隅にサラッと置いて在る。
カッチョイイ!!

僕は無類の古い物好き。
古着屋によく足を運ぶ。
古着屋のインテリアも大好き!
古着屋さんにも古い雑貨がディスプレイされてる。
古着よりも内装だけ見て出ちゃう時もしばしば…。
そんな古着屋のディスプレイの中に地球儀も置いてある。
たまに見掛ける黒い海の地球儀。
カッチョイイ!!
いつも見掛けると釘付けになってた。
「ブラックオーシャンの地球儀」って呼ばれてるらしい。
50年代から60年代に流行ったらしい。
青い海の地球儀はよく見掛ける。
古いセピア色の地球儀もよくある。
でも僕は断然ブラックオーシャンがいい!
でも何気に高価で売られてた。
ヤフオクでも普通の地球儀よりも高値が付いてた。
そんな中、僕の誕生日が近づいて来た。
僕の職場では誕生日の人にみんなでプレゼントを渡す。
少しずつお金を出し合って。
何が欲しいですか?って聞かれた。
地球儀欲しいって答えた。
ヤフオクでチェックした。
なんとタイミングよく予算内のブラックオーシャンの地球儀が出品されてた。
即入札!
これで落ちなければあきらめよう!
軽い気持ちで入札。
なんとそのまま落札!
しかも出品者の方が誕生日当日に持って来てくれると…
巡り逢うべくして巡り逢った。
そんな感じ。
そして今、「ブラックオーシャンの地球儀」が手元に。
すっげぇ嬉しい!


この気持ち忘れない為、ずっと大切にする為ブログにアップすることにした。

| Koji Imamoto | 雑貨 | 14:44 | comments(1) | - |
動き出した時計
20051216_116811.JPG



彼は前触れも無くやって来た!!
「アチャー!」
僕は落胆の声を上げた。
ブルース・リーのニヒルな笑みが頭をよぎる。
ベティが大きなあくびをした。
切ってはいけない方の針を切り落としてしまった。
余裕ぶっこいてイージーミス!
あ〜あ、今夜完成させる予定だったのに…


朝を迎えた。
朝方寝言を言ったらしい。
『ポテト、Mにしてください!』
寝言で笑えたのは初めてと、かみさんに笑われた。
やはり疲れてるのだろうか?

針だけ買いにハンズに向かった。
あのオッさん(店員の人だがあえてこう呼ばせてもらう)がいた。
僕には変なプライドがあった。
あのオッさんを避けてレジに行った。
無理と言ったオッさんを後ろに感じづつ。
やってやるとモチベーションUP!


今度こそ気を抜かず慎重に。
専用針の根元を少し残しアンティークの針を接着。
乾電池を入れテスト。
うん。いい感じ。
外枠をはめ込み裏蓋をネジで止めた。
さぁ、正面を向いて御対面!
緊張の一瞬!
ゆっくりと時計を裏返す。
どうだ!!
「……………。」
針が動かない!
ブルース・リーの気配は無い。
??????
なるほど、わかった。
時計を立てると針がたわみ針が接触!
今度こそと修正。

よし!出来た!!!!
ざまみろ!リー&オッさん!
いい感じじゃん。


また命を吹き込んだ満足感とやり遂げた充実感。
運命的な出会いと数々の困難を経て今こうして時を刻み始めた。
本当に大変だった。完全にナメてた。
あきらめかけたりもした。
時計職人の方に敬意を表すると同時に僕はこの時計を一生大事することを確信しました!


「カチカチ……、カチ、カ、カ、…」
「?」
「えっ!?えーっ!」



END less?
| Koji Imamoto | 雑貨 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
動いてくれ時計
20051213_115631.JPG


さーて、いよいよ大手術!
眠れない夜の始まりです!
とりあえずムーブメントをはめ込みました。
専用の針も装着してみた。
乾電池も入れて動かしてみた。
うん。まずまずの感じ。
やはり針がいまいち!
元々の針を当ててみた。
なるほどわかった。店員さんの言ってる意味。
単純にムーブメントと針の企画サイズの違いです。
はまるわけがない!
新品の針の上に乗せてみた。ん、いい感じ。
仮止めしてみよう!
乾電池を入れた。これでカチカチと正常に動けば…
と思ってたらカ・カ・カ・カ…
「チ」が無い!
新品の針とアンティークの針との厚みでつっかえてしまってる。
だぁ〜。
そうは簡単には行かないよなぁ。
ちょっと笑えて来た。
やっぱ高い壁を乗り越えてこそ喜びが大きいってもの。
さぁ、どう料理してやろうか?
厚みの問題だけ。
これだけをクリアにすれば「カチカチ」とスムーズに動くはず…
楽勝だ!僕は作業を進める。
僕はまだ忍びよるブルース・リーの存在に気付いてなかった…

| Koji Imamoto | 雑貨 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
動け時計!
20051207_113074.JPG

何故か早く目が醒めた。
ソファで眠ると身体のあちこちが痛くなる。
ゆっくりと身体を起こす。
指先がひどく汚れてる。
何故??
床に足を置き不思議に思いつつも立ち上がる。
「痛っ!!」
「ん!?なんだぁ?」
そっと足を上げた。
曲がった時計の針が…
んがぁ〜。思い出した。
『ブルース・リーだ!』いや違う。
夕べ時計の解体したんだった。
さすがに頭は冷静なってた。

ムーブメントを買いに渋谷の東急ハンズに向かった。
店員さんの話だと針も代えないとダメらしい。
専用の針。
いい味出してる針も使いたい。
文字盤がアンティークで針が新品。
なんだかなぁ。
どうしても使いたいと聞いて見たがお薦め出来ないと。
時間が狂ってしまうらしい。
「う〜ん。……。……。」
無言で訴えて見たが、店員さんは無情にも笑顔で首を横に振った。
とりあえず針も買って来た。
やるだけのことはしてみよう!
今夜も眠れない夜となりそうです。


| Koji Imamoto | 雑貨 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
動かそう時計
20051206_112502.JPG
先日GETした動かない時計。
なんとか使えるようにしたい。
ムーブメントの状態としてはゼンマイ部分は平気だが
コイル部分は完全に焼き付いてる。
たぶんショートしてしまってそのまま錆び付いてしまってる感じだ。
ムーブメントを交換すればいいだけと予想。
とりあえず解体。
アンティークだけに慎重に。少しづつ。
裏蓋を外しムーブメントのネジを外す。
ゼンマイ部分には40年前くらいのアメリカの埃が溜まってる。
どんな家でどんな人が使ってたのだろう?と想像しながら…
楽しみながら苦心しながら…
埃は実家の蔵の匂いと同じでちょっとガッカリしながら…
順調に解体が進む。
んがっ!
時針がなかなか外れない。
どうやっても上手くいかない。
イライラしてきた。
午前2時を過ぎた。
判断が鈍る。
嫌な性格が顔出してきた。
悪魔がささやきだした。
『そんなもん、力づくで外してしまえ!外さないことには前に進まないゾ!』
ベランダで一服。熱くなった気持ちを冷まそう!
愛犬ベティは首をかしげてこっちを見てる。
冷たい風が心地いい。
もう一度チャレンジ。
。。。。。。。。。。。
£&jm°∞jpm?dt○●tmxp◆▽∬ÅЪ┠鶚
゜。。。。。
訳わかんなくなった。
午前3時過ぎ。
ついに悪魔が舞い降りた!
「アチョー!」
ベティが跳びはねた!
意味不明な奇声が上がった。
どうやらブルース・リーが僕の身体に…
足元にはねじ曲がった時針が落ちていた。
「殺す気はなかった」
自供した殺人犯の決まり文句。
少し解る気がする。
やばい。
今の精神状態では…
少し休もう。
ソファに座り、怯えるベティを抱きいつしか眠りにつく。


「おやすみ。ブルース・リー」


| Koji Imamoto | 雑貨 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
動かない時計
20051129_109015.JPG
時々チェックしてる雑貨屋さんがあります。
二子新地にあるカラーズというshop。(偶然自分の働いてるお店と同名!)
置いてある雑貨はやや女性好みだが魅力ある物ばかり!
アンティークでシャビーでジャンク そんな感じ。
そんな中、半年前くらいに動かない時計が入荷しました。
久々に物欲を掻き立てる物でした。
ただ、いい感じなんですが
動かない。
動かないんです。
迷いました。その時はそのまま家に帰りました。
動かないからかどうかわからないけど、ずっと売れずに店の片隅に飾ってある。
チェックに行くたびに手に取り迷ってました。
売れて無くなればあきらめもつくのに…
行くたびにまだある。

そんな時アンティーク商品に限りsaleのお知らせが!
最近ずっと行ってなかったのでチェックがてら行って見た。
まだ あった!
どうしよう!
saleは2日間。
迷った。まよった。mayotta。mayotta!
お店の方に相談してみよう。
修理出来るかどうか。
中の部品は焼き付いててまず動かないだろう。
やはりムーブメント自体の交換を勧められた。
買うならちゃんと使いたい。
ムーブメントの交換なら自分でも出来るかなぁって考えてた時、お店の方が
「かなり欲しいみたいですね?かっこいいですよね、これ!なかなか出ないですよ。
こんな商品。」
オッ、自分の選択眼に間違いはなかった。
さらに追い討ち!
「この商品修理したら Not for sale にしようと思ってたんですよ。」
と。
次の瞬間、僕は財布を開いてました!
早速持ち帰り飾るのはこの辺かなぁとウキウキ。
でもまだ動かない。

ハァー、自分に修理出来るんだろうか?
| Koji Imamoto | 雑貨 | 16:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Copyright (C) 2005 paperboy&co. All Rights Reserved.
Designed by deepforest at deepforest's room.